104 室内階段の連続手すり 相模原市T様

室内廻り階段の連続手すり

室内廻り階段の基本的な手すりの取り付けです.

手すりを連続させて付ける事で、常に手すりを使って階段の昇降が行えるようになり、最も安全性の高いとされている階段手すりの施工事例です。

補強板を使用いた場合の角の手すりの連結については、「ねじれ勾配」により手すりか補強板をずらす必要があります。

多くの場合は下の写真のように手すりをねじるように連結させる事で自然な形の連続手すりとなり、角の部分も握る事が出来る手すりになりますが、時々「角が出っ張るようで邪魔~」と仰る利用者様もおります。

その場合は右の写真のように小さくねじって1個の金具でだましだまし連結を行うか、補強板を使用しない方法で右奥のような金具で連結するしかありません。

この場合、角の部分は小さくてしっかり握る事が出来なくなってしまいます。

手を離す事無く、下から上まで目を閉じていても昇降が出来るのが連続手すりの利点ですので、気にならないようでしたら通常の連結方法がおすすめです!